レストランの物件選び、アルコール許可、設計、内装工事、食材探し、人材探し、税務会計、労務など、アメリカで飲食店を開業する際は何でもご相談ください!

アメリカ(ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、ハワイ)への
日本の飲食店の海外展開をフルサポート!

飲食店のアメリカ進出・開業サポート

【東京】東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7階
【大阪】大阪府大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3階
【福岡】福岡県福岡市中央区天神2-14-2 福岡証券ビル8階

(営業時間)9:00~18:00(土日祝を除く)

アメリカ進出セミナー実施

詳細はこちら

お気軽にお問合せください

03-6430-9367

メールでのお問合せはこちら

貴社のアメリカ進出を必ず実現いたします!

はじめまして。
このたびは、弊社のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

私は代表を務めます、澤村義宣と申します。

弊社は、ガルベラ・パートナーズグループに属しており、アメリカの進出支援部門を担っております。

当グループは、国内には税理士法人が本社様向けに国際税務を、社会保険労務士法人が同じく国際労務を支援しております。
これらの国家資格業を中心に、現在グループ17社が様々なコンサルティング業務を行っております。

その中でも、海外進出支援はアメリカに留まらず、香港、中国、ベトナム、タイ、台湾、フィリピン、シンガポールへの進出をサポートしております。
事例がない場合は、提携のあるパートナーを会社をご紹介いたします。
また、市場調査、会社設立、税務会計、労務、ビザなどの実務もサポートしております。


当グループは3つの会社が海外進出をサポートしております。
中華圏はチャイナ・フォーカス、東南アジアはアセアン・フォーカス、アメリカはグローバル・フォーカスがそれぞれ担当しておりますので、国を狭めることなく、グローバルに進出が可能になります。

弊社は、日本の飲食企業様に対して、アメリカへのスムーズな進出をサポートするべく、貴社のご要望とニーズにお応えできるよう努めてまいります。
アメリカ各地における、物件探しのお手伝い、現地の設計業者や内装工事業者のご紹介、アルコール
などの許認可の取得代行、食材探し、人材探し、パートナー探しなどを現地の飲食業に精通したコンサルタントがワンストップでサポートします。

まずは、ぜひ一度、貴社の夢をお聞かせください。
一緒にアメリカン・ドリームを勝ち取ってまいりましょう!
夢を形にしてまいりましょう!

今、なぜアメリカ進出なのでしょか?

これまで日本の飲食店経営者の大半は、香港、シンガポール、台湾、韓国、上海、バンコク、フィリピンなど、アジア中心に事業展開を行ってきました。

ところが、近年は、アジアの日本食市場が飽和してきたこともあり、アジア以外の地域へ進出する企業も増えてきているようです。
中でも、アメリカへの進出は、飲食店経営者の目標の一つであることも多いのが実態です。

現在、アメリカは、コストがかかると言われた時代から変わりつつあります。
最近ですと、ファインダイニング(高級レストラン)よりも、カジュアルダイニングが好まれることがわかっております。
また、流行りのお店を出すということに、以前よりもかなり初期投資を安く抑えることができるようになりました。
したがって、坪数が小さく、家賃も安く抑えられ、こじんまりとしたお店でも出店できるため、内装もカジュアルに済ませられるので、内装費用で勝負しなくて済みます。

日本食の食材コストも経営を大きく左右しますが、円安で輸入が増えていることもあり、日本より安く手に入り、且つ原価を抑えることができるため、今こそアメリカへの進出はお勧めと言えます。

アメリカの飲食業界について

これから、アメリカの飲食業界に勢いよく、参入していくのであれば、まずは、アメリカの飲食事情に精通しておく必要があるでしょう。

If you can't lick them, join them

ということわざがあります。
このことわざは、孫子の兵法「敵を知り、己を知れば百戦してあやうからず」 の英語版とも言えるものです。
意味は、「相手を打ち負かしたり、相手の意見や価値観を変えることができないのなら、自分のやり方を改め、て相手に合わせなければならない」という意味です。

このことわざは、「郷に入っては郷に従え」とは違い、「もし相手を屈服できなければ」という仮定が入ります。

飲食業は、相手を納得させられるのであれば、日本文化を持ち込んでも良いわけです。
ですが、それがまだ難しい段階では、相手に合わせながら、ジワジワと進めていくべきということになります。

ぜひ弊社と組み、アメリカの市場攻略を一緒に考えてまいりましょう!     

アメリカへの飲食業 進出セミナー

まずは、アメリカの飲食業界について、最新事情を仕入れてみてはいかがでしょうか?

弊社では、定期的に、アメリカの飲食業についてのセミナーを開催しております。

セミナーでは、成功事例、失敗事例、現地の慣習や好まれる形態など、現地で実際に進出支援を行っているプロデューサーが、お話をさせていただきます。

本セミナーが、貴社のアメリカ進出の第一歩となりますことを、お祈りしております。

【8月開催】8月9日(水)16:0017:30
【9月開催】9月14日(木)14:00~15:30

アメリカの飲食業 視察ツアー

四半期に一度のペースで、アメリカ・ロサンゼルスの飲食業視察ツアーを行っております。

現在で、人気のある飲食店、不動産業者、食材市場などを巡る原則的なコースの他に、参加者の皆様のご要望とニーズに合わせて、視察プログラムを行います。

飲食店のアメリカ進出をお考えの企業様は、ぜひ一度、視察ツアーにご一緒ください。

この視察ツアーを通じて、アメリカの飲食業界に関する様々な知識と現地の市場の動きを掴んでいただけるかと思います。
百聞は一見に如かずです。
さぁ、弊社と一緒に、アメリカに乗り込みましょう!

当社の3つの特徴

アメリカの市場、特に飲食業を熟知し、現地のネットワークを持ち、何よりも自ら飲食業を経営しながら成功と失敗を経験しているということです。
そして、お店の開店までの支援だけでなく、税務会計、労務などの運営方法についても、ワンストップでご案内できるということです。

会計や労務もワンストップにご対応

アメリカ飲食に精通した専門家と当グループの法律の専門家が会社法、会計、税務、労務などをご担当いたします。
ワンストップでコンサルティングを行います。
開店後の会計税務、ビザ、労務のサポートもご支援できます。

近年のアメリカ飲食業界に精通

敵を知り、己を知れば百戦してあやうからず。
アメリカの飲食事情を詳しくお伝えいたします。

アメリカンネイティブの代表がご対応

アメリカで生まれ育ち、現地の市場や飲食事情に詳しい専門家がご対応いたします。
日本企業のアメリカ進出を支援・プロデュース経験を持ち、飲食店を自ら経営もしてきたため、飲食店経営者の悩みの解決に自信があります。

アメリカ進出のための「転ばぬ先の杖」

日本で何十店、何百店の出店を経験した方でも、海外でも同様に出店するということは、そんなに簡単ではありません。
「こんなところに落とし穴が・・・」とならないためにも、その落とし穴がどこに潜んで、どのようなことに問題が生じるのかなどを予め知っておく必要があります。
下記に、弊社のお客様が直面したいくつかの落とし穴をご紹介してまいります。
落とし穴にはまる前に、ぜひ弊社へご用命ください!

  1. 日本とアメリカは文化、生活環境、味覚、感覚、言語、法律などが異なるため、アメリカに合わせなければなりません。
    そのために、多少の時間や資金を投入することになりましても、事前のリサーチを行わなければなりません。

  2. プロモーション、メニューラインアップ、ネーミングなども重要です。
    これらも、その国に合わせなければなりません。
    例えば、日本で使っていたネーミングがアメリカで悪いイメージに捉えられないかを検討しておく必要があります。

  3. 「良い物件があるからすぐ契約を締結する」は大きな失敗に繋がります。
    良い物件が見つかっても、準備を行わずに契約してしまいますと、大きな損失が生じてしまいます。

  4. 施工は、日本のようにスケジュール通りに進みません。
    現地の施工者に伝わる話し方をしなければうまく進みません。
    少し余裕を見たスケジュールをお勧めいたします。

  5. お酒などのライセンスはすぐに認可が下りません。
    現地のネットワーク、ビジネス習慣、経験を上手に利用しなければなりません。
    「先進国のため、要件が満たしていれば、許可は下りるだろう」と考えは、非常に甘いと言えます。

  6. 必要な食材が手に入らないことも多々あります。
    現地のネットワークと経験あるネゴシエーターが必要です。
    食材はあっても、頻繁に仕入れられない状況、金額が高く、簡単に手が出せないことなども、大きな弊害の一つとなっております。

  7. お店を流行らす、たくさんの方に知っていただくためには、現地の商習慣を熟知した、PR専門のスタッフが必要になります。
    最近は、ソーシャルネットワークを使い、口コミを広げるのが重要です。
    また、セレブや芸能人に通じている方がおりましたら、より早く成果が出ます。

  8. 経理スタッフを最初から抱えるのも要注意です。
    金銭面を、つい先日入社したばかりの知らない方に任せることができますか?
    会計などは、当初はアウトソーシングをお勧めいたします。
    規模と共にのちに社内に雇っていくのがよろしいかと思います。

無料相談

貴社のアメリカ進出にあたって、以下のような内容をヒアリングをいたします。
アメリカ進出支援のスペシャリストから簡単なアドバイスをさせていただきます。

  • 日本での展開状況
  • 出店させたいブランドとそのコンセプト
  • メニューコンテンツ
  • 出店場所
  • 出店時期
  • 出店形態
  • 希望出店数
  • 店舗の広さ
  • スタッフの陣容
  • 予算感

Menu

アメリカ飲食セミナーのご案内

アメリカ進出に必要な要素をご説明いたします。

アメリカ視察ツアーのご案内

ロサンゼルスの飲食業界の視察ツアーを行っております。

海外進出支援サイト

飲食店のアメリカ進出

日本の飲食企業様に対して、アメリカへのスムーズな進出をサポートするべく、貴社のご要望とニーズにお応えできるよう努めます。

ベトナム進出

企業視察、市場調査、現地法人設立、取得代行、銀行口座開設などを法律のプロと現地コンサルタントがワンストップでサポート

中国ビジネス進出

中国各都市での法人設立、会計、税務、労務をサポート

香港進出サポート

香港での会社設立、会計、税務、労務のサポート

お急ぎのご相談はお電話で

弊社サポート内容のご照会やお見積りのご依頼は、お電話でもお受けしております。
担当者が不在の場合でも、折り返しご連絡いたします。
なんなりとお問い合わせください。

お問合せはこちら

03-6430-9367

【受付時間】9:00~18:00(土日祝を除く)

ご注意
  • 無料相談は、弊社がどのようなコンサルティング業務ができるかをご案内するもので、お電話かご来社の形でお願いしております。
  • 相談内容がノウハウ提供を要する場合、料金が発生する場合がございます。
  • 料金が発生する場合は、事前にご案内を差し上げますのでお問合せください。

 セミナーのご案内

アメリカ飲食業の全てがここに!絶賛開催中!

 視察ツアーのご案内

大人気の米国視察ツアー
現場にこそ答えがある!

 お問合せはこちら

お問合せは、お電話・メールにて受け付けております。

03-6430-9367

ネイティブ講師による英会話教室を併設しております。
米国やアジアに進出の際は、ぜひ弊社の赴任前集中研修をご利用ください。

詳細はこちら

オフィシャルサイト

グループのWEBサイトです。

詳細はこちら

ガルベラのセミナー

税務・労務・法務・海外進出の幅広いセミナーを定期的に開催しております。

詳細はこちら

ベトナム進出

企業視察、市場調査、現地法人設立、取得代行、銀行口座開設などを法律のプロと現地コンサルタントがワンストップでサポート

詳細はこちら

中国ビジネス進出

各都市での法人設立、会計、税務、労務をサポート

詳細はこちら

香港進出サポート

香港進出・ビジネスサポートならガルベラ・パートナーズ香港へ!

詳細はこちら

  弊社役員のご紹介

代表取締役 澤村義宣
アメリカで生まれ育つ。
飲食店のプロデュース支援を行いつつ、自らも、飲食店数店、経営している。

代表取締役 吉住幸延
税理士や社会保険労務士などの専門家、海外進出コンサルティングなどの専門家を一同に集めた当グループの代表取締役。

社会保険労務士・税理士募集中!