オープンまでの流れ

オープンまでの流れ

出店計画が表面化したときから、オープン後までの流れを順にご案内します。

出店計画をつくる

まず最初に、出店都市、業態、メニュー、お店の広さ、客席数、内装、客層などのコンセプトをまとめ、同時に投資額の予算化を進めます。

現地調査をおこなう

出店計画に従い、その都市における競合店調査や価格調査、許認可などの法令調査、メニュー調査、食材調査などを行います。

出店エリアを選定する

アメリカでは許認可取得に大変な時間とコストがかかり、また、アルコールのライセンスを新規で取得するのは、なおさら難易度が高くなります。居抜きで店舗を購入することも方法のひとつですが、いい物件はすぐになくなってしまうのも事実です。候補エリアを絞り、物件探しを早く始める必要があります。

物件の契約をする

そのエリアに強い不動産仲介業者を選定したり、飲食関連業者からの情報をあつめたりして、立地に関する情報を集め、物件を決定して、契約を行います。また、物件が決まれば投資計画もほぼ固まるため、正式に予定投資額を確定します。

現地法人を設立する

現地法人の登記を行います。現地法人の登記は非常に簡単です。州ごとに法律が異なりますが、資本金の規制がない州も多いと言えます。また、日本から駐在員を送り込む場合は、ビザを取得する準備を進める必要があります。

許認可、各種登録などをおこなう

衛生局、アルコール販売許可、税金関係など、営業を開始する前に、事業に必要な許認可を取得します。

内装工事をおこなう

物件探しと同時に、あるいはその前から、内装業者を選定するほうが、物件の家主とより具体的な交渉が可能となります。内装工事は、許認可の関係で予定より遅れる可能性もありますので、地場のレストラン経営に精通した内装業者の選定が重要となります。

スタッフをあつめる

開店日時がある程度決まった時点で、スタッフの募集を開始します。

お店をオープンする

お店の運営は、日本のオペレーションを現地風にアレンジして行います。

オペレーションの修正をおこなう

日本とおなじオペレーションというわけにはいかないため、時には修正が必要です。また、日々の運営だけでなく、会計、税務、労務の知識を身に着け、将来の店舗展開に備えて準備を進めてまいります。

お急ぎのご相談はお電話で

弊社サポート内容のご照会やお見積りのご依頼は、お電話でもお受けしています。担当者が不在の場合でも、折り返しご連絡させていただきますので、なんなりとお問い合わせください。

お問合せはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京事務所03-6430-9367

大阪事務所  06-6535-8829

福岡事務所092-781-2131

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

ご注意
  • 無料相談は、弊社がどのようなコンサルティング業務ができるかをご案内するもので、お電話かご来社の形でお願いしております。
  • 相談内容がノウハウ提供を要する場合、料金が発生する場合がございます。料金が発生する場合は、事前にご案内を差し上げますので、ご安心の上、お問い合わせください。

 セミナーのご案内

アメリカ飲食業の全てがここに! 絶賛開催中!

 視察ツアーのご案内

大人気の米国視察ツアー
現場にこそ答えがある!

 お問合せはこちら

お問い合わせはお気軽に
東京 03-6430-9367
大阪 06-6535-8829
福岡 092-781-2131

  弊社役員のご紹介

代表取締役 澤村義宣
アメリカで生まれ育ち、28歳のときに来日。飲食店のプロデュースを行いつつ自らも飲食店数店を経営している。

代表取締役 吉住幸延
税理士、公認会計士、社会保険労務士、司法書士によるワンストップサービスを行うガルベラ・パートナーズの代表