アメリカ飲食業の労務管理について

こちらでは、アメリカ飲食店の労務管理について解説します。

アメリカにおける雇用の原則

アメリカでは、各州によって、法律が異なるため、進出先の州における法律をしっかりと理解する必要があります。

雇用において共通している概念として、法律は必ずしも労働者を守るものでありません。会社を守るものにもなりうるということを認識しておく必要があります。

また、州によっては、労使間における互いの意志に基づく雇用が原則となっております。
英語では、Employment at Willといいます。
これは、従業員側がいつでも事前の報告なしに雇用契約を解約できる反面、雇用主側でも正当な理由さえあれば、あらゆる人事権を発動でき、いつでも従業員を解雇することができることを表しています。
ただし、どの州でも適用される法ではないため、ご注意ください。

雇用契約

アメリカにおいても、労使間において、雇用契約を締結します。
その契約書に記載された事項は、何よりも重視され、雇用者は契約期間や雇用形態などを保障しなければなりません。

つまり、契約期間を定めた場合は、雇用者が期間中の雇用を保証することになります。
その間は、解雇することができなくなります。
また、労働組合と契約を結んだ場合は、雇用者は従業員を自由に解雇することはできなくなります。

最低賃金

アメリカでは各州の法律において、最低賃金が定められております。

雇用主は従業員に支払う時給について、この最低賃金を下回ることは許されていません。ただし、一部の例外があり、接客業などにおいて、一定額以上のチップを得る労働者に対しては、最低賃金が別途定められています。
業種により異なる最低賃金が設定されているため、ご注意ください。

残業による割増賃金

アメリカでは、週の所定労働時間は40時間と定められています。

そのため、週40時間を超える残業については、通常の給料の150%を残業代として支給しなければなりません。
ただし、18時間を超えたり、休日労働をしたからといって、その度に残業代を支払う必要はなく、あくまでも1週間における合計就労時間を基
に算定されることになります。

残業代の支給除外

アメリカでは、必ずしも残業代を支払わなければならないわけではなく、一定の者は法律により残業代の支給を免除されています。
残業代を支払わなくてもいい相手としては、一定レベル以上の重役、管理職や専門職、あるいは歩合制の販売員などが挙げられます。

≪役員の場合≫
基本給が一定額以上であり、ある一定のポジションについて、2人以上の者を指揮命令下に置いていること、そして従業員の雇用や解雇の権限を有していることがその除外の条件に挙げられます。

≪管理職の場合≫
基本給または能力給が一定額以上あり、その主たる業務が雇用主や顧客管理、または一般業務に関連する事務または非肉体労働の遂行であること、そして主たる職務に重要な問題に関する自由裁量および独自の判断の行使が含まれる場合は、除外対象となります。

≪専門職の場合≫
学職専門職と創造専門職とに分かれます。

<学職専門職>
基本給または能力給が一定額以上あり、主たる職務が知的な業務や自由裁量および独自の判断の行使を要するものを含む業務であること、そして高度な知識が科学分野または学職分野であり、長期課程の専門的知識教育によって取得されたものであることが条件に挙げられます。

<創造専門職>
基本給または能力給が一定額以上あり、主たる職務が芸術的または創作的な知的創造能力を要とする分野において、発明、創造、独創性、または才能を必要とする仕事である場合に、除外対象となります。

総年収が10万ドル以上の高報酬の従業員についても除外対象とされます。
ただし、上記の除外対象となっている役員、運営管理職、あるいは専門職のいずれか1つに従事している場合に限るとされています。

歩合制の販売員も除外されています。
小売店やサービス業で就労する者で、通常の賃金が最低賃金の1.5倍を超え、且つ、全収入の半分以上を歩合制が占める者をいいます。
このような者も残業支払対象から除外されています。

社会保障番号(ソーシャルセキュリティーナンバー)とは

2015年に、日本でもマイナンバー法が制定されましたが、米国でも同様の法律により、国民が9桁の個人情報番号で管理されています。

これを社会保障番号と言います。
英語では、Social Security Numberといい、SSNと称されています。
米国市民や永住者だけでなく、外国人労働者に対しても、社会保障番号(SSN)の発行をしなければなりません。
元々は、米国の社会保障に加入した際に取得する番号でした。
現在は、納税者番号・身分登録番号としても使われております。
米国で銀行口座を開設する際にも必要であります。
あるいは、運転免許証の取得に際しても必要となります。

米国駐在員は、社会保障局でSSNを申請しなければなりません。
しかし、社会保障局は移民局の情報を使っているため、入国後すぐのタイミングであれば、まだシステムにデータが反映されておらず、しばらくの期間は、待つ必要があるかも知れません。

Menu

アメリカ飲食セミナーのご案内

アメリカ進出に必要な要素をご説明いたします。

アメリカ視察ツアーのご案内

ロサンゼルスの飲食業界の視察ツアーを行っております。

お急ぎのご相談はお電話で

弊社サポート内容のご照会やお見積りのご依頼は、お電話でもお受けしております。
担当者が不在の場合でも、折り返しご連絡いたします。
なんなりとお問い合わせください。

お問合せはこちら

03-6430-9367

【受付時間】9:00~18:00(土日祝を除く)

ご注意
  • 無料相談は、弊社がどのようなコンサルティング業務ができるかをご案内するもので、お電話かご来社の形でお願いしております。
  • 相談内容がノウハウ提供を要する場合、料金が発生する場合がございます。
  • 料金が発生する場合は、事前にご案内を差し上げますのでお問合せください。

 セミナーのご案内

アメリカ飲食業の全てがここに! 絶賛開催中!

 視察ツアーのご案内

大人気の米国視察ツアー
現場にこそ答えがある!

 お問合せはこちら

お問合せは、お電話・メールにて受け付けております。

03-6430-9367

  弊社役員のご紹介

代表取締役 澤村義宣
アメリカで生まれ育つ。
飲食店のプロデュース支援を行いつつ、自らも、飲食店数店、経営している。

代表取締役 吉住幸延
税理士や社会保険労務士などの専門家、海外進出コンサルティングなどの専門家を一同に集めた当グループの代表取締役。

ネイティブ講師による英会話教室を併設しております。
米国やアジアに進出の際は、ぜひ弊社の赴任前集中研修をご利用ください。

03-5430-9367

社会保険労務士・税理士募集中!