アメリカの飲食事情

こちらでは、アメリカの飲食事情についてご紹介いたします。
どうぞご参考になさってください。

ニューヨークとロサンゼルスの違い

同じ日本でも東京と関西に大きな違いがあるように、同じアメリカでも、ニューヨークとロサンゼルスにも様々な違いがあります。

喋り方は、ロサンゼルスは、(自分からは行かないという意味で)東京に似ております。
一方、ニューヨークは、関西のようなフレンドリーな感じと言えます。

ニューヨークの方は、お洒落でアッパークラス向きで、ファッショナブルと言えます。
ロサンゼルスの方は、カジュアルなほど格好良く、食事に関しても、ゴージャスよりは、シンプルで美味しいものを好む傾向があります。

例えば、同じチェーン店でも、ニューヨークでは氷を削って、その上に刺身を乗せているのに対して、ロサンゼルスではシンプルな透明の皿にきれいに刺身を並べています。

ニューヨークは、料理の単価を高くできますが、物価が高いため、家賃、内装、調度品のコストも高く、最終的な損得は簡単には測れません。

とはいえ、街角で売られているホットドッグやピザを買うのが好きなのもニューヨーカーで、それがCOOLであると考えております。
ニューヨーカーは、昼はカジュアルに済ませ、夜は高級レストランでリッチにという考えもあり、区分するのが難しいと言えます。

BANG FOR YOUR BUCK

"BANG FOR YOUR BUCK"

この単語が、最近のアメリカ飲食事情を表すホットなキーワードとなっております。
この単語は日本で言う、「コストパフォーマンス」を表しております。

"BANG"はインパクトやガッツリとの意味で、"BUCK"は1ドルのことを意味します。
したがって、1ドルに関して、これだけ貰えるという意味になります。


アメリカ人の9割以上が飲食店をYELPというアプリで検索しております。
これは日本の”食べログ”のようなサイトです。
コメントやランキングを見て、食べに行くお店を決めています。
その中でも、一番人気を博しているジャンルが"BANG FOR YOUR BUCK"となります。

コストパフォーマンスが良いお店に人気が集まるのはとても単純な話です。
ですが、多少は、味や雰囲気も重視して訪れる飲食店を選びます。

それよりも、“アメリカ人は安い値段で、食べきれない量が出てくる”ということにテンションが上がり、"BANG FOR YOUR  BUCK"を最も感じます。

DOGGY BAG


アメリカも東京と同じく、高級レストランよりも、コストパフォーマンスがよく、手軽に、且つ気軽に食べられるお店が人気となっています。

飲食店で、食べきれなかった物をお持ち帰りするというのは、日本には、あまり習慣として定着していませんが、アメリカはそれが普通なのです。

アメリカは食べ物の量が多いため、食べきれなかった物を"DOGGY BAG"又は"TAKE HOME"できると嬉しいのです。

尚更、"BANG FOR YOUR BUCK"を感じ、幸せな気持ちで家に帰ることができます。
経済的に余裕がある方でも、持って帰る習慣があるのです。
どのお店に行っても、帰る人のほとんどが"DOGGY BAG"を持って帰ります。
高級車で飲食店に訪れる方や、高級な身なりを着飾っている方でも、持って帰るのが普通の光景なのです。


"安くて、美味しい"に加え、"食べきれないほどの量が多い"、そのようなお店が"BANG FOR YOUR BUCK"を感じさせ、人気が出るのです。

そして、YELPの書き込みによって、更にランキングが上になっていくわけです。

フュージョン料理

現在、ロサンゼルスで最も流行っているエリアは、断トツにコリアタウンです。
以前は、現在のように賑わっていなく、韓国人の方が多かった地域ですが、現在は、ハリウッドスターをはじめ、クリエイター、デザイナーなど、セレブの方たちが集まっております。

この理由は何なのでしょうか?

現在、アメリカでは、韓国焼肉が非常に流行っています。
その流行を作ったのは、私たちも仲良くさせていただいているROY CHOI氏です。
ROY CHOI氏は、ロサンゼルスで創作料理を新たにブレークさせました。
KOGI TRUCKをはじめ、ロサンゼルスの街全体に火が着きました。
KOGI TRUCKとは、韓国焼肉をメキシカンと合わせた創作料理でとても話題になったのですが、あまりにも反響が凄く、ハリウッド映画の”CHEF”が製作されたほどです。
ROY CHOI氏は、コリアタウンからスタートして以来、様々なレストランを出店しておりますが、どこに出品しても行列ができて、賑わいを見せています。

創作料理

創作料理は、アメリカでも以前からあります。
その中でもアジアンフードの創作料理が大ブレイクしたのは、WOLFGANG PUCKNOBUです。


現在の流れは、カジュアルな空間で、お手軽な値段のアジア風創作料理が求められております。

例えば、石焼ビビンバの上に、生ウニとイクラを添えて炙った一品は、日本料理と韓国料理を融合した創作料理となり、大人気になりました。

日本食について、アメリカ人はかなり詳しく、下手をすると、今の日本人よりも寿司などに関しては、舌が肥えています。
アメリカでは、寿司ブームが定着して依頼、普遍的になっていることもあり、それとは、別の新しい創作料理ジャンルを求めている感じがします。

私たちも、アメリカ人に受ける様々な創作料理の商品アイデアがあります。
これからこの路線に進むのがアメリカでは必要ではないかと感じています。

現在、アメリカにある日本料理のお店の大半は、日本に訪れたこともない方たちが経営しており、寿司も日本人が握っているわけではありません。


現在、アメリカ人が求めていることは以下の通りです。
 本当の日本人の味が良い
 日本で実際によく食べられている物がい良い
 カジュアルなものが良い

例えば、たこ焼きについては、アメリカ人はタコを食べないので、馴染みやすいピザ焼き(中にチーズ、ソーセージ、など)にして、ただ見た目や作り方、食べ方については同じにして、アメリカ人の口に合ったメニューに換えることで創作料理になるわけです。

シェアリング居酒屋

今まで、ロサンゼルスやニューヨークは日本居酒屋を出しても全く流行りませんでした。
私たちのお客様も以前に居酒屋を出店しましたが、内装やメニューコンテンツ、オペレーションはかなりのハイレベルだったにもかかわらず、現地の方にはあまり受けませんでした。

なぜ、流行らなかったのかと考えますと、アメリカ人は大皿をシェアするという習慣が今までなかったことが挙げられます。

アメリカ人は自分が食べたい物を頼んで、1人で1皿を食べる習慣がありました。
そして最近では、逆に、日本の居酒屋風のお店が流行り始めています
この理由は、色々なフード食べることができて、みんなでワイワイガヤガヤできることが受け入れられたのです。

また、この居酒屋形式が"COOL"とか、"TRENDY"といったイメージに繋がり、実際に、日本ではこのスタイルが流行っていることを想像してアメリカ人も楽しんでおります。

フレンドリーな雰囲気

 日本とアメリカの飲食店で大きく違うことは、なんでしょうか?

 それは、フレンドリーな雰囲気です。
アメリカの飲食店では、お客様がウエイターやウエイトレスの方とフレンドリーに仲良く会話を出来るサービスがあることです。

どれだけお客様を盛り上げ、幸せな気持にするかによって、そのスタッフが手に入れることができる、チップも実際に変わってきます。
実は、スタッフにとってはこれがメインの目的だったりします。


お店が、ワイワイガヤガヤしていて、ウエイターやウエイトレスの方と仲良くなり、リラックスしながら楽しく過ごせる空間が好まれることでしょう。

高級な内装よりも、ラフ、カジュアル、アンティークのような内装が受け入れられる感じがしております。

アメリカにおける最近の日本食の流れ

アメリカでは、これまでの長い間、寿司が流行っていたこともあり、日本食や日本人が料理を作るお店に対して、クール”やカッコイイ”というイメージを抱いておりました。
ですが、最近は、あまりにも寿司の店が増えてしまったため、以前に比べ、日本人が作るお店が少なくなっております。

現在は、中国人や韓国人の方の経営者が多く、お店の業態も寿司の質も落ちております。
"OVER DILLUTED"
寿司自体が
多すぎる実態となり、他のフードのニーズが高くなってきました。

そういう意味で、最近は、やはり、居酒屋又はラーメン店がブームになってきています。
シンプルよりは、創作路線で新しいもののニーズが高くなっていることもトレンドです。

現在は、RICE BOWLS(丼物)が非常に人気となっています。
牛丼や天ぷら丼など、ほとんどがARTISIAN(アートのようにこだわっている)ごはんが人気となっています。

また、ポキや日本の魚の漬けなども最近人気が高まっております。
その中でも、やはり、丼スタイルが一番人気となっております。

ラーメンブームの再来

1980年代に、ある映画をきっかけにアメリカでもラーメンブームが到来しました。

しかし、1995年頃には、ラーメンブームも下火になり、日本人をターゲットにしたお店はありましたが、アメリカ全体に浸透するには、ほど遠い状態でした。
ですが、最近では、ラーメンブームの再来を強く感じております。
ロサンゼルスやニューヨークでは、とんこつベース(濃い味)が最も売れております。
そして以前と違って、日本人ではなくアメリカ人がお客様になっております。

現在、ロサンゼルスで流行っているラーメン店は、だいたい15席くらいのカジュアルな内装や雰囲気のお店です。
そのラーメン店は、1日、600杯以上を売っています。
ラーメン一杯の値段がだいたい$15で、お酒も一人平均1杯半で、平均客単価は約$25という驚異の売上を誇ります。

私は、ラーメン店を15店舗程廻りましたが、一度も日本人のホールスタッフやキッチンスタッフを見たことがありません。
メキシコ人の方が多く働いている印象でした。

 では、なぜ、そのような状態なのでしょう?
 その理由は、運営システムがしっかりと作られているからです。
日本人がいなくても、ちゃんとしたスープを作ることができるからです。
また、メキシコ人は一生懸命働くだけでなく、オペレーションをしっかりと覚えますし、日本人の味覚に似ているので、ぴったり合っているのです。

日本のラーメン店では、ほとんどのお店が食券販売方式ですが、アメリカは異なります。
一つの大きな違いとして、アメリカはクレジットカード大国のため、券売機があっても、現金が使えず、クレジットカードのみの支払いになっております。
こうすることによって、スタッフがお金を盗んだりもしないですし、セキュリティー的にも安心で、店舗コントロールが簡単になってきます。

ロサンゼルスでは、お酒の販売が夜中2時までなので、昔は、皆ハンバーガーショップやメキシカン料理店に行っていました。
現在では、お酒を飲みに行った後、日本と同じく、ラーメンをバーカウンターでゆっくりと食べることが”COOL”なイメージとなっております。

スタッフはどうやって探すのですか?

アメリカで飲食店の店長や料理長を探す際は、どのような方法があると思いますか?

料理長といっても、どのような料理かにもよるかと思いますが、通常、アメリカでは、人材を探す方法としては、ローカルの新聞で求人広告を出したり、店の外に貼ったりして募集をかけます。
日本のようにネットの求人広告や媒体などはあまり使われておりません。

日本人の他に、白人、黒人、ヒスパニック系も、それぞれのネットワークがあります。
それらのネットワークとのコミュニケーションを上手に活用しましたら、比較的、容易に人材を集めることができます。

弊社も、そのようなネットワークを活用しておりますので、人材集めはお任せください!

Menu

アメリカ飲食セミナーのご案内

アメリカ進出に必要な要素をご説明いたします。

アメリカ視察ツアーのご案内

ロサンゼルスの飲食業界の視察ツアーを行っております。

お急ぎのご相談はお電話で

弊社サポート内容のご照会やお見積りのご依頼は、お電話でもお受けしております。
担当者が不在の場合でも、折り返しご連絡いたします。
なんなりとお問い合わせください。

お問合せはこちら

03-6430-9367

【受付時間】9:00~18:00(土日祝を除く)

ご注意
  • 無料相談は、弊社がどのようなコンサルティング業務ができるかをご案内するもので、お電話かご来社の形でお願いしております。
  • 相談内容がノウハウ提供を要する場合、料金が発生する場合がございます。
  • 料金が発生する場合は、事前にご案内を差し上げますのでお問合せください。

 セミナーのご案内

アメリカ飲食業の全てがここに!絶賛開催中!

 視察ツアーのご案内

大人気の米国視察ツアー
現場にこそ答えがある!

 お問合せはこちら

お問合せは、お電話・メールにて受け付けております。

03-6430-9367

  弊社役員のご紹介

代表取締役 澤村義宣
アメリカで生まれ育つ。
飲食店のプロデュース支援を行いつつ、自らも、飲食店数店、経営している。

代表取締役 吉住幸延
税理士や社会保険労務士などの専門家、海外進出コンサルティングなどの専門家を一同に集めた当グループの代表取締役。

ネイティブ講師による英会話教室を併設しております。
米国やアジアに進出の際は、ぜひ弊社の赴任前集中研修をご利用ください。

詳細はこちら

オフィシャルサイト

グループのWEBサイトです。

詳細はこちら

社会保険労務士・税理士募集中!